カートをみる マイページへログイン ショッピングガイド お問い合せ サイトマップ
 

グレープシードオイルに関する質問


グレープシードオイルに関する質問

どうやって使うのですか?
サラダオイルと同じようにお使い下さい。
炒め物や揚げ油などの火を通す使い方や、ドレッシングを作るなど火を通さない使い方もおすすめです。味に癖がありませんので、どんなお料理とも相性が良いです。
その中でも卵料理は特にオススメです。オムレツや卵焼きなど、お好きな卵料理にご使用下さい。
揚げ油に使用してもいいのですか?
もちろん揚げ油にもお使いいただけます。てんぷらなどの場合に衣が多少緑色になる場合がありますが、脂っこさがなく胃もたれのしにくい揚げ物が出来上がります。ノンコレステロールなので、コレステロール値が気になる方にもオススメです。
賞味期限はどれくらいですか?開封後の保存方法はどうしたらよいですか?
未開封で製造から約2年です。キャップ部分に印字してもあります。開封後は冷暗所に保存し、なるべく早くご利用ください。
ぶどうから油が取れるのですか?
ぶどうのを搾った油が「グレープシードオイル」です。とても小さな種なので、500mlのグレープシードオイル(弊社取扱い1本分)を作るのに、ぶどうの生果500kgが必要です。
他社製品に黄色いグレープシードオイルがあるけれど、何が違うんですか?
他社メーカーのグレープシードオイルはヨーロッパ産のものが多いようです。チリ産のぶどうは太陽の恵みをいっぱいに浴びて育つため、ヨーロッパ産のグレープシードオイルに比べてポリフェノールがたっぷりと含まれています。色の違いは、このポリフェノールの含有量によって生じています。

ローズヒップティーに関する質問


ローズヒップティーに関する質問

どうやって飲むのですか?
ローズヒップティーを、ティスプーン1杯分ほどカップに取り、お湯を注いでよくかき混ぜて2〜3分待ちます。果肉が沈めば飲み頃です。お茶として飲んだ後にカップの底に残った果肉も、砂糖やはちみつを加えると美味しくいただけます。
1日に何杯飲めばいいものですか?
食品ですので、何回飲むという決まりはありません。目安としては、1回約5グラムを1日に2〜3回お茶代わりに飲むことが良いと言われています。
ビタミンCは余分に取っても尿と共に排出されるので、たくさんお飲みいただいても特に心配はありません。
薔薇濃茶のパッケージに、「練ってから飲む」と書かれていますが、どういう意味ですか?
ローズヒップのチップに少量のお湯を注ぎ練るように混ぜて下さい。その後、さらにお湯を注いで混ぜると成分が抽出されやすく、濃いローズヒップティが出来上がります。
ローズヒップティーのパッケージがいろいろとありますが、違いは何ですか?
中身は全て同じサルス社のローズヒップです。パッケージによって内容量に違いがあります。
前回購入した物と、ローズヒップの大きさや種類が違うように見えるのですが?
チリで自生しているローズヒップの実を用いていますので、収穫前の天候などにより多少味に差が生じます。また、生産単位によりカットの大きさに差が生じることがあります。
ただし、輸入の際に入荷した製品ごとに分析をし、成分の基準をクリアしたもののみを商品化しておりますので成分に問題はありません。
他所で購入したローズヒップティーはお茶が赤かったけれど、フルート・リコのローズヒップティーが赤くならないのはなぜですか?
他社のローズヒップティには、ハイビスカスをブレンドしているものが多いようです。
ハイビスカスブレンドは真っ赤なお茶になりますが、フルート・リコのローズヒップティーは100%ローズヒップの商品ですので、色はさほど赤くなりません。まじりっけのない、ローズヒップそのものの味をお楽しみ頂けます。
添加物は使用していますか?
フルート・リコのローズヒップは、アンデス山麓で無農薬で栽培したものを収穫しています。添加物不使用で、有機栽培の認定も得ております。
ローズヒップは薔薇の花びらとは違いますか?
ローズヒップとは、野ばらの花(ドックローズ)が咲き終わり、その後になる実のことです。その実を乾燥させて砕いたものが、ローズヒップティです。ハーブティの一種ですが、ローズティ(薔薇の花びらを使用)とは異なります。
賞味期限はどれくらいですか?開封後の保存方法はどうしたらよいですか?
賞味期限は未開封で製造から3年です。
開封後は密封容器に入れ冷暗所に保存して、なるべく早めにご賞味ください。
飲み残りを数日分貯めてからジャムを作っても大丈夫?
防腐剤などは含まれていませんので、水分を含んだローズヒップはなるべく早めにお使い下さい。
ビタミンCはお湯で壊れないのですか?
ローズヒップにはビタミンPが豊富に含まれています。ビタミンPは、体内でビタミンCを援護すると共に、加熱すると大幅に減少するビタミンCの損失を抑える働きがあります。ローズヒップのビタミンCが壊れない理由はビタミンPにありました。

ページトップへ